ゲストハウスのび -Guest house nobi-

Blog ブログ

カテゴリ:京都でお花見

京都・嵯峨野トロッコ列車(Sagano Romantic Train)でお花見しよう!

桜のトンネルをトロッコ列車でくぐり抜けよう

 

 

京都は嵯峨嵐山から亀岡までの道のりを、30分間の列車の旅。

保津川のそばを走る列車からは、情緒あふれる京都の山々の景色が見られ、春には両手に咲く桜のトンネルをくぐり抜けていきます。

「京都でお花見するならどこですか?」と聞かれたら、神社やお寺もいいですが、まずはこのトロッコ列車をおすすめしたいですね^ ^

秋には紅葉の名所としても、とても人気があります。

トロッコ列車の5両目は窓ガラスがなく、オープンで風が気持ちいで有名ですが、正直、トンネルの中を走る音が結構うるさいので、普通に窓付きの車両の方が僕は好きですw

 

 

列車のチケットは一週間前ぐらいに買っておこう

 

 

観光シーズンの春と秋には、京都全体が人で溢れますw

当然列車も毎日満席になるので、チケットはなるべく早めに、遅くても一週間前には、ネットか駅の緑の窓口などで買っておきましょう!

JR京都駅から行くときはまず、JR嵯峨野線で嵯峨嵐山まで行きます。

そこから嵯峨野トロッコ列車に乗って、終点の亀岡まで行きます。

チケットを買うときのおすすめは、、、

窓側の席を取ろう

往復チケットを買うときは、行きは右手の景色、帰りは左手の景色が見えるようにと、それぞれ列車の左右の窓側の席を取ろう

 

 

写真を撮るときは、身を乗り出さないようにねw

 

 

列車の窓側からは、とても綺麗な景色が楽しめる分、ついつい身を乗り出して写真を撮るのに夢中になりがち。

桜の季節は人で車内も満杯なので、他のお客さんの邪魔にならないように、背もたれに持たれながら写真を取りましょう!

決してこの写真の人( 僕 )のように、隣に他の人がいる事を忘れて、夢中になって身を乗り出さない事!( ごめんなさい)w

 

 

天気がいい日はこのように川に虹が架かったりします。

綺麗ですね^ ^

この保津川を、亀岡から嵐山まで17人乗りの船で下る「保津川下り」もおすすめ。

けっこう早いスピードで川を下るので、船を操縦する三人のお兄さん達の船さばきは見ものです^ ^

夏の京都は嫌になるほど蒸し暑いので、夏にはぴったりのアトラクションです!

 

帰りは嵐山のカフェで一休み

 

店の名前は忘れましたw

お団子がとても美味しくて、お店からの景色がとても綺麗なところ!

ほら!

綺麗ですねーーー^ ^

 

嵐山の桜の景色も素晴らしいですね。

 

という事で、みなさんも京都でお花見するなら、トロッコ列車に乗って、桜のトンネルを満喫してみてはいかがでしょうか^ ^

いつもと違う風景を楽しめますよ!

 

 

 

2018年4月6日 京都でお花見